家(ホーム)でもアウェイ

咳をしてもぼっち

『ドリアン少年』について ヲタ目線から考えてみた~ブサイクもイケメンも同じこと~


NMB48の「ドリアン少年」を聞いたら秋元康に怒りしか沸かない - 限りなく透明に近いふつう

 

ドリアン少年  劇場盤


私はドルヲタだ。小学生低学年の時にモーニング娘。に嵌り今年で16年目。人生の3分の1はドルヲタだ。寝ているかアイドル追っかけてるかその他やってるかだ。初めて買ったCDは『Memory 青春の愛』だ。一時期はドルヲタなんてつらい事やめたくて仕方が無かった。だって、私の好きになったアイドルは不倫喫煙とか熱愛とかしちゃったり芸能界引退しちゃう子が多くて。それでもやめられないのはもはや業なのか。
 
そしてNMB48も好きだ。この4月まで山田菜々のヲタをやっていた。たんななわいかー。ななたんはプロ意識が高かったので浮いた話もなくアイドルを全うした。というか、アイドルが熱愛とかありえないでしょ……着実にタレント街道をひた走って欲しいなと。
 
 
今、推しはいないもののNMB48は箱推しで現場には行かなくなったもののNMB48の出演媒体はチェックしてるしDMMも契約してるしCDも購入したしぐぐたすも755もTwitterもチェックしつつプラメ取ってるしぬるーくヲタ活はやっている。
 
新曲『ドリアン少年』もりりぽんこと須藤凛々花がセンターになると発表があってCSで見てたらりりぽん可愛いなぁ…現場復帰しようかな…握手券取ろう…なんて思っていたら件の
 
ブサイクもイケメンも同じこと♪
 
え?いやいやいや?ブサイクもイケメンも同じこと?違うよ?圧倒的に違うよ?とは思っていたのですがそんなに騒ぐほどでもないかなと思いつつも番組披露や街中で流れる度に違和感があった。
あ…でも、ヲタ界隈でもなんだこれは?!ってなりました。クソ曲でスルメにもなりそうじゃない。歌詞もそうですし、衣装もそうですし。衣装のドリアンのトゲトゲが怖い。ま、水着ぷるぷるMVの可愛さで吹っ飛びましたけどね。かわいい。えろい。初動も好調だったのでこれでいいのかなーと思っていました。

NMB48ってデビュー曲からネタ曲路線。ぶっちゃけ歌詞が変とか今更感。
北川謙二』に『カモネギックス』に今回の『ドリアン少年』とヲタを馬鹿にしたネタ曲は秋元康の十八番。どれだけ馬鹿にできるのか。金落としてんのはヲタクなのに。
でも、『生徒手帳の写真は気に入ってないの法則』では少女マンガみたいな出会いでイケメンに恋しそうみたいな感じなのでイケメン至上主義よりかはブサイクが好きー♡って歌ってもらった方がヲタ的には救いがあるのかな…うーん?
 
ここからは女でドルヲタやってる私の意見ですが、この『ドリアン少年』の友情関係はたしかにリアルじゃないよな…例え友達に見せられた彼氏の写真が微妙でも「あー優しそうだね♡」くらいは言いますね。「ありえないでしょ趣味が悪い」なんていう友達居ませんもん。
 
でも、ファンタジーなんですよ。この曲。サビ前にパッパッパ~ラッラッラ~っていう意味の無い歌詞?というかなんというか合いの手みたいなのがあるんですけどそれがあることでファンタジー感でてるなぁと。夏曲としての明るさがあっていいなぁなんて思う。アイドル曲にそんなに深い意味はない。あと、キャッチーなので耳に残りやすい。サビが残るのはアイドルソングとしては優秀。振りコピしようとしたら手開いて目をのぞかせるやつが何気に手つりそうになる(笑)

センターのりりぽんこと須藤凛々花が哲学が好きというちょっと変わったアイドルで、このりりぽんがこの曲のちょっと好みの変わっている女の子だとイメージしながら秋元康が作ったと思うのでそれは話題になるだけ秋元康須藤凛々花及びNMB48の勝利なのかもしれません。

変わった女の子だから『ドリアン少年』が好きになるのか?と思ったら、恋をする時って必ずしも顔って重要な要素じゃない事に気づいた。というか、恋したら好きな人補正入っちゃってそれこそ

ブサイクもイケメンも紙一重♪

じゃないですか。ここまで考察してみると秋元康すごい。ヲタクをバカにしてるのかと思っていたら、乙女心わかりすぎて秋元康乙女説ですよ。

同じようなテイストとしては、Mr.Childrenの『シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~』でも友人の評価はいまいちでも she so cute♪って歌ってる。

どちらも、恋は盲目であばたもえくぼに見えるよねっていう恋のウキウキソングなのになぁ……
 
ところでアイドルヲタクは可愛い子を応援していると思われがちだが、ドルヲタじゃない人から「AKBグループってブスばっかじゃん」みたいな事を言われる。
アイドルって顔だけで評価されない。総合的にアイドル能力が高い子が人気になる。ほら、総選挙の選抜を思い浮かべると言わずもがな。
アイドル能力グラフみたいなものがあると仮定する。顔が飛び抜けて可愛くても歌やダンス、SNSの使い方や握手テク、バラエティ能力、ストーリー性など様々な要因で人気や不人気が決まってくる。飛び抜けて顔が良くても人気に結びつかない場合だってある。ともすれば、顔がブスでも総合的にアイドル能力が高ければ人気となる。
だから、総選挙でも可愛い子がこの順位でこれが選抜?なんてことは往々にしてある。

これを『ドリアン少年』に置き換えるとしっくりきません?

ドルヲタ「このアイドルすきなんだー」
一般人「え、ブスじゃんwwwwwww」
ドルヲタ「は?めちゃくちゃかわいいし」

みたいな事がドルヲタと一般ピーポーの間でおこりがちだ。だって、一般ピーポーは顔しか見てないからアイドル能力の高さなんてわからない。総合的にアイドル能力の高さを判断した上で好きになってるドルヲタは変わり者扱いされる。
でも、これって恋してるからなんだよ。可愛い子がいるのはわかった上でそれでも好きになることってあるよね。

ということは
 
ブスもかわいい子も紙一重…?
 
あれ?『ドリアン少年』ってアイドルの現状を指し示している?クソ曲とまで言えないんじゃね?なんて思ってきました。
面白いことに『ドリアン少年』でぐぐってみると『ドリアン少年』について書いているジャニオタさんのブログが複数見つかりました。ドルヲタには男女の境がないのかもしれません。だって、推しに担当に恋しているんですもん。
 
こんな長々と書きましたが今日の14時まで『ドリアン少年』の再販があるのでみなさんNMB48に興味がわいたらぜひ握手会行ってみてくださーい♡
そんなお話でした。