家(ホーム)でもアウェイ

咳をしてもぼっち

『僕は愛を証明しようと思う』感想

トピック「恋愛工学」について

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)    

『僕は愛を証明しようと思う』藤沢数希

愛されたいと思ったから多分この本を手に取ってしまったんだろうなぁと思う。失恋したばかりだったし。

小説という体ではあるがモテ(作者が言うところの恋愛工学)のhow to本だ。

この本を手に取るまで無知故に恋愛工学というものを知らなかったのだが、読んでみると知らずに実践していたものもしばしば登場する…が、それで幸せになるかはまた別の話なんだろう。そもそも女の私がオトコ向けのモテのhow to本を読んでも得るものは少ない。いかに多くのいい女とセックスするか、これに尽きるからだ。

ワタナベ、永沢、直子といった登場人物が出てくる。

ある程度本を読んでいる勘のいい人なら分かるだろう。村上春樹の『ノルウェイの森』だ。

ノルウェイの森』では、ワタナベは永沢とつるむようになってから女遊びを覚えた。「ナンパなんてテクニックだ。こんなものやれば誰だって出来るようになる」(某東進ハイスクールの先生っぽく)そんな事を言いながら街に繰り出しナンパしては女とセックスしていたが、ある日ワタナベは「むなしい」と呟き「僕にも彼女がいれば他のつまんない女となんか寝たりなんかしない」と言う。

『僕は愛を証明しようと思う』では永沢の恋愛工学によりはれてモテ男となったワタナベだったが、人妻に手を出したのがバレて会社をクビになる。そんな折、傷心旅行での伊豆で直子という女性に出会う。最初は恋愛工学で仲良くなるも本当の愛に目覚めたワタナベ恋愛工学でしてはいけないすがりつくという行為をした。しかも、この直子というのは非モテの時に出会っていた人で運命を感じた。永沢に「一人の女性を愛したい」と相談するワタナベ。一度は断られるものの「一人の女性を愛する恋愛工学」もあるのかもしれないと納得。その日直子に食事に誘われたワタナベだったが、カフェに若い女の子が座りそれを恋愛工学を使ってナンパする。

好きな人をつなぎとめておくために他の女性と関係を続けるって本末転倒なのでは?好きな人を傷つけてしまうという考えが出来ないのか。

私の意見では、ワタナベのような男と恋愛したって将来性がないからさっさと直子には目を覚まして欲しい。そんなことやってたらワタナベいつか性病にかかってチンコ腐り落ちるかメンヘラ女に刺されるか妊娠したとしょーもない女に引っかかるかこの三択になるぞ。むしろなれ、と思ってしまった。恋愛ゲームの駆け引きは私には理解出来ない。だから、恋愛下手なんだろうけれど。

もしかしたら、男女間での恋愛としての意識の差が如実に現れているのかもしれない。セックスをしたら目的達成の男とセックスをしてからより好きになってしまう女と。

結婚=幸せなんて思わないが、やはり好きな人と生活をおくりたい。そう思うのはまだ私が若いからなのかな…

ところでこの本に感化され恋愛工学を実践しようとしている男に言いたい。

ナンパする男にろくなやつはいない。

この前ナンパされた時に無視していたらいきなり腕つかまれて、「いや、それお前腕掴んでくるのは無しだろ」と啖呵切りました。啖呵切りましたけど、見も知らぬデブハゲおっさんから触られた所は気持ちが悪くて吐きそうになった。

でも、こんなおっさんでも声かけてたらホイホイついていくようなバカな女がいて甘い汁を吸ってるんだろうな…それだからこそ声かけまくってんだろうなと想像したら、なんだか悲しくなった。おっさんにもその上を通り過ぎていった女にもそしてコイツならイケると思われた自分にも(主にコレ)

そもそもナンパにホイホイついていく女とセックスしてなにが楽しいのか。ホイホイついていく女はなぜついていくのか。その両者が分からないので、当事者同士でうまいことやって私みたいなナンパされる事が苦痛な女に声かけないでください。それだけです。


『僕は愛を証明しようと思う』藤沢数希

☆☆☆☆☆(評価不能)