家(ホーム)でもアウェイ

咳をしてもぼっち

『キングスマン』感想

王道のスパイ映画でした。 
『キックアス』の監督ということなので期待値を上げていったのですがもう期待を上回るアクション。最高かよ!見なきゃ損ですよ!!!



ロンドンのサヴィル・ロウにある高級スーツ店“キングスマン”の実体は、どこの国にも属さない世界最強のスパイ機関。“キングスマン”のエリートスパイ、ハリー(コリン・ファース)は、ブリティッシュ・スーツをスタイリッシュに着こなし、組織の指揮者アーサー(マイケル・ケイン)のもとで日々秘密裏の活動を行っている。ある日、チームの一員が何者かに惨殺され、新人をスカウトすることになったハリーは、街のチンピラ、エグジー(タロン・エガートン)に可能性を見出し候補生として抜擢するが、エグジーの父親もまた機密活動中に命を落とした“キングスマン”のスパイであった。そんな中、巷では科学者の失踪事件が頻発。その首謀者ヴァレンタイン(サミュエル・L・ジャクソン)は、前代未聞の人類抹殺計画を進めていた……。

あらすじ見ただけでわかると思うんですけど、


すっごいバカ。


そんなおバカ映画なのに王道のスパイ映画です。『007』とか『スパイ大作戦』とか昔の『チャーリーズ・エンジェル』とか。作中にも出てくるんですけれど「昔のスパイ映画にはロマンがあった。魅力的な敵役と主人公。敵役が非現実的な殺し方で主人公を殺そうとしてそれを主人公がさらに非現実的な方法で回避する。そして敵役を殺すんだ」みたいなこと言ってたんですけどまさにそれですね。懐かしさもあり新しさもあり。

敵のヴァレンタインがIT長者で環境保護活動に熱心ででも「血とか怖い(´;ω;`)」とかいう愛らしい敵役。○○レンジャーの悪役っぽくてかわいい。そして、アシスタントの義足のガゼルがもうなんであんな動きできるの?ってくらいアクションがすごい。

『マイフェアレディ』的にハリーはエグジーを見出す。このワクワク感たまらない。ただのチンピラだったエグジーがキングスマンの適性試験を受けていって変わっていく姿。そして、ハリーと同じように紳士の格好をした時にはもう成長したねぇって思ってたらハリーがおちゃらけてる。おまえ、そこ変わらないんかい。

びっくりドッキリメカみたいなスパイ道具の数々。しかも、紳士だからどれも洗練されててかっこいい!傘の銃めっちゃかっこよかった。あれ、欲しい(笑)
もちろんスパイ道具だけでなく華麗で洗練された紳士的なスーパーアクション。
音楽もめちゃくちゃかっこよくて威風堂々ともにラスト近くに首とかばんばん吹っ飛びながら花火がちるグロシーン出てくるんですけれど、もー最高でした!!!ただグロシーンだけじゃなくてギャグシーンもあって最後の『007』をパロったのとかもうたまんなかったですね。

これぞセンスのいい映画。2015年の映画の中でも一番じゃないかな…

『キングスマン』
★★★★★(星五つ以上)

衣装も小道具もストーリーも俳優もすべて最高かよ!