家(ホーム)でもアウェイ

咳をしてもぼっち

ロザンの日本向上委員会 9月26日 感想

祇園花月でのイベントなのですが、ロザンってお笑いファンじゃなかったらどういうイメージなんでしょうかね。
やっぱり宇治原さんのクイズのイメージなんでしょうか。それとも関西に住んでいる方だとちちんぷいぷいで道案内しているイメージなんでしょうか。それとも大阪ガスの菅さんのさすガッス!のイメージ?

そのテレビのイメージを劇場のイベントではちょっと変えちゃうのがロザンの魅力だと私は思っていてそこが好きなのですがなかなかどうして伝わらない。

ざっくり言うと日本向上委員会はちょっと知的な大喜利みたいな感じです。日本をより良くしようとするというお題に真面目にそして面白く法案を提出するという書いていて伝わりそうにないイベントです。

なんとなく某ラッスンゴレライが嫌われるのが今日分かりました。誤解されやすいんだろうな…。ただでさえサングラスかけてるんだからもう少し言動に気をつけなきゃ態度が大きく見えていかがなものかなーなんて思いました。別にファンじゃないからいいけど。

宇治原さんの法案が珍しく?良かった。だっていっつも学歴のやつなんだもん(笑)満場一致の拍手。国語教育をみなさん頑張りましょう。