家(ホーム)でもアウェイ

咳をしてもぼっち

芸能人にガチ恋したことないけど、千原ジュニア結婚には驚いた

芸能人にガチ恋したことない。好きな芸能人が熱愛しただの結婚しただのと報道があっても、ふーん…そうなんだ…おめでとう!くらいの感想しかない。だって、一生交じることはないと思うから。
だから、俳優の誰々がーとかジャニーズの誰々がーとかでガチでへこむ周りの友達や知り合いに違和感を持っていた。それ以前に出会っていたら、お前は「嫁」や「彼女」になれていたと思うのか?と。さすがに波風が立つから言わないけれど。


それでも、千原ジュニアさんがご結婚されたというニュースをヤフトピで見た時「えー!」っ言ってしまった。
なんて言うんですかね、「え、結婚すんの?」みたいな。結婚出来ないって枠だったので、こんなにもあっさりと結婚されるのかと。しかも、一般の方とのことでプロ彼女的な人じゃなければいいなーなんて思います。でも、ネット上での誰?みたいなのは見たくなくて心穏やかに過ごしていただきたいです。以前、結婚するなら「女せいじみたいな人がいいと言われた」とジュニアさんおっしゃっていて奥様はそんな方なのでしょうか?もし、そうなら家庭内のエピソードもめっちゃ面白そうなので楽しみにしています

福山雅治さん結婚の方が世の中ざわつかせていますけれど、私の中では千原ジュニアさん結婚の方が衝撃的ですね。

あえてここではジュニアさんのことをJと呼ばせて頂きたいのですが、Jとの出会いは中学生の時ヨシモトファンタンゴってCS番組があって観ていたら千原兄弟チハラトークというトークライブやっていて最初はどっちも態度デカイなーなんて思っていたんですけれどその話術に魅せられコントも気になりあっという間に千原兄弟を好きになっていました。私を構成するもののひとつとして千原兄弟という存在は大きなものです。ちょうどいじめられている時にJの書いた自伝的小説を読んでそこに私は居たと思いました。熱狂的なファンという程ではないけれどずっと気になっている存在ではありました。必ず出演番組をチェックするとか必ずライブに行くとかではなかったけれど、気づいたらテレビを観ていたりライブも先行で外れることもあったけど行けそうなライブには行っていた。その程度のファンを何年も続けている。

以前は結婚だの誕生日だので○○おめでとう!と買ってTwitterやブログに書くファンの心理わからなくて本人が読むわけでもないのになんて思っていたんですけれど

千原ジュニアさんご結婚おめでとうございます。奥さんと幸せな家庭を築いてください。ますますのご活躍をお祈り申し上げます。


あーアメトークの独身こじらせ芸人でも見ながら、ジュニアが発言する度に「嘘つけ」ってツッコむか。あの時もしかしたら付き合いたてなのかなー。